ホーム >News >ホルムアルデヒド低減ポリアセタール樹脂「ユピタール™ 05シリーズ」

2020年10月9日

ホルムアルデヒド低減ポリアセタール樹脂「ユピタール™ 05シリーズ」

弊社は、このたびホルムアルデヒドの発生を抑制したポリアセタール「ユピタール™ 05シリーズ」を新たに開発いたしました。
一般にポリアセタール(POM)樹脂は成形や加工等で、僅かに分解が進み、ホルムアルデヒドが発生しますが、「ユピタール™ 05シリーズ」は、製造技術を最適化することで、従来のグレードと比べてホルムアルデヒドの発生量をおよそ半分程度に低減することに成功しました。
「ユピタール™ 05シリーズ」をご使用頂くことで、ポリアセタールの成形や加工の際に問題となるホルムアルデヒドの臭気が抑制され、作業環境の改善が期待できます。また、モールドデポジット(金型汚れ)も発生しにくくなり、金型メンテナンス頻度を低減できる可能性があります。次ページの本技術の効果を示す図表もご参照ください。
本技術は、流動性の異なるグレードへの応用が可能です。標準的な「F20-05」をはじめ、高流動タイプの「F30-05」、「F40-05」等をご用意いたします。

05シリーズの特徴

  • ・ホルムアルデヒド発生量を従来比50%に抑制
  • ・VOCによる臭気、作業環境の改善
  • ・モールドデポジット(金型汚れ)の低減
  • ・金型メンテンナンス削減によるコストダウン

ポリアセタール樹脂(POM)の特徴

  • ・バランスのとれた機械的特性
  • ・高い耐クリープ性、耐疲労特性
  • ・高摺動特性
  • ・抜群の耐薬品性

05シリーズの想定用途

  • ・自動車: 燃料ポンプ、シートベルト部品、レバー、クリップ等
  • ・電気・電子: 歯車・ギア、スイッチ部品等
  • ・トイレタリー: 水道・排水部品、ジョイント等
  • ・生活用品他: ファスナー、バックル、戸車、搬送レール・ローラー等

ユピタールTM05シリーズ

Iupital™ F20-05は、臭気源となるホルムアルデヒド発生量を50%以上削減しました。
成形時の作業環境改善のほか、モールドデポジット(金型汚れ)が付きにくく金型メンテナンス頻度低減にも貢献します。

F20-05の成形臭気
F20-05の金型汚れ

製品情報

  • ポリカーボネート樹脂(PC樹脂)ユーピロンノバレックスザンター
  • ポリブチレン テレフタレート樹脂 (PBT樹脂) ノバデュラン
  • ポリアセタール樹脂(POM樹脂)ユピタール
  • 変性ポリフェニレン エーテル樹脂(m-PPE樹脂)ユピエースレマロイ
  • 高性能ポリアミド樹脂(PA樹脂)レニー
基礎物性表
PDF版資料
イラストで見る用途例
SDSお問い合わせ

ページの先頭へ戻る



弊社の直接の販売先ですか?

申し訳ございません。
SDSのご依頼は直接の販売先のみにしかご提供しておりません。
商流に応じた代理店等にご依頼ください